商品情報

当園の柑橘達は5通りの販売方法を考えています!

店頭販売

今回は当園の柑橘達の生果の販売方法について!
やはり柑橘農家として、加工品の販売よりも生の果実の販売をメインにしたいと考えています。
その為、色々と販売ルートを作って来ました。

それは、自店舗での店頭販売や道の駅等の出品、そして、イベントへの参加による販売、さらに販売業者さんへの卸売にネット通販など…。
しかし、柑橘の生産や園地の管理をしながらこれらの販売方法を実施するには人手が足りません。
かといって、人を雇うほどの利益を確保出来る保証もないのが現実です!

そこで、個人販売を開始した頃から取り組んできたのが、「いかにして人件費をかけずに販売するか!」ってことなんです。
先ず最初は自店舗での店頭販売です。
幸いにも、自営で自転車の販売修理の店舗を経営していたので、その店頭に柑橘を並べて販売していました。
そして、ネット通販では当園の販売サイトを作成しSNSを利用して宣伝するという方法をとっています。
この他にも、移動販売車を手がけている業者さんへの卸売、そして、道の駅に出品したり…。
以上のことは自分が自ら販売に携わることがなくても大丈夫な仕組みになっています。
また、イベント等への出店も今後の顧客獲得の手段として有効であることは間違いなく、大切に取り組んでいく必要があります!

続きを読む

当園が考える6次産業化と将来の展望について…。

加工品販売

ここ数年、1次産業の6次産業化が注目を浴びています。
農林漁業の6次産業化とは、1次産業の農林漁業と2次産業の製造業、そして、3次産業としての小売業の統合というか一貫性を持たせて組織化していくことによって農山漁村の地域資源を活用して付加価値をつけ地域の活性に繋げて行くことを目的とした考え方だと理解しています。

例えば、柑橘農家の場合、自らが栽培した柑橘を自らが加工し付加価値をつけた上で、自らが販売していく…。
これを組織だって実施している農家さんもいれば、個人で全てを行っている農家さんもいます。
労力や資金面でなかなか難しいところはありますが、既に実施している農家さんも多く、それなりの利益を上げているケースもあるようです。

しかし、これから参入しようとする場合、既に様々な農産物の商品化は進み単純な加工品は飽和状態にあるといっても過言ではありません。
ある程度の資金を投入して他の商品と差別化出来るような開発は必須で、単純な商品では価格競争に巻き込まれるだけです。

このような状況の中、当園でもジュースの加工をしていますが、正直、営農戦略の一躍を担うほどの売上は望めません。
そこで今、重点をおいているのが当園のファンを増やしていくことです。
生産量が少なく、資金投入もままならない小規模農家が出来ることは何なのかを考えて戦略を立てることが重要だと思います。

続きを読む

サンフルーツジュースの人気な楽しみ方をご紹介!

サンフルーツジュース販売

当園で唯一の加工品でもある100%ストレートジュース。
清見タンゴールとサンフルーツの2種類の果実を搾っているのですが、やはり注目を浴びているのがサンフルーツジュースです。
サンフルーツという柑橘がそもそも馴染みがないようですね。

以前、サンフルーツはここ佐田岬半島の特産でもありました。
生産量も多く近年の甘い柑橘の人気に推されて生産量が激減しましたが、今もなお生産されている農家さんもいます。
当園でも年間6000kg程度の生産量があります。

このジュース、昨今の甘い柑橘のジュースとは違いチョッとした酸味と苦味が特徴でそのままストレートジュースとして楽しんでいる方は少ないようです。
お客様のお話によると一番人気は酎ハイ、そしてゼリーを作られている方が多いようです。
個人的に酎ハイは作って飲んでいます。ゼリーの方は先日食べる機会があったので試食してみました!
甘さ控えめでサッパリとしていて暑い時には良い感じですね。

続きを読む

当園の柑橘・加工品の販売拠点が増えました!

陳列されたジュース

当園では生産した柑橘のうち、いわゆる精品に当たるものは区域の共選に出荷しています。
それ以外の柑橘で規格外にあたるものは「訳あり品」として個人的に販売しています。

個人販売を始めたそもそもの理由は、外観が悪いものや大きさの規格に合わない生果を適正価格で買い取ってもらえないとに違和感を感じ、個人的に販売すれば消費者の中には理解して頂ける方もいるだろうというのが始まりでした。
数年前から取り組み始め、徐々に固定客も増えてきて、生果だけではなく加工品も販売しようと考えました。
その最初の商品が果実を丸ごと搾ったストレート果汁100%のジュースです。

生果と加工品の販売を始めたことで、取引して頂ける店舗も現れはじめ、当園のような小規模経営でも可能な取引に関してはお付き合いさせていただくようになりました。
身近なエリアでの販売を考えていたところ隣町の八幡浜市内にある施設みなっと内にあるアゴラマルシェさんへの出品が決まりました。

これから当園の柑橘やジュースを味わって頂ける機会が少しですが増えることになりました。
機会がありましたらお立ち寄りください!

続きを読む

当園のジュースを販売して頂いているショップをご紹介!

半島オレンジ

先日、当園で販売しているストレートジュースの販売をしているショップを教えて欲しいとのお問い合わせをいただきました。
そういえば、それほど詳しくご紹介したことがなかったことに気がつきました。

といっても、県内の2ヶ所での販売のみとなっています。
ここで改めてご紹介致しますと…。
東予地区では新居浜市内の今井自転車商会内で販売しています。
ここは以前、自分がやっていた自転車屋で、今は息子が中心となって経営してくれています。
そこで、みかんのシーズンでは生の果実を販売し、シーズンオフの今はジュースの販売をしています。
そして、中予地区では愛顔の食卓というショップで取り扱って頂いています。
このショップではジュースのみで生果の取り扱いはありません…。

最近はジュースなどの加工品を販売している個人農家さんが多くなりました。
そんななかで、当農園のジュースをどうアピールしていくか…!?
それが大きな課題になっています。

続きを読む