不知火(デコポン)の今シーズン最後の出荷が終わりました!

不知火の最終出荷

今日、不知火(デコポン)の今シーズン最後の出荷が終わりました。

なかなか着色が進まず苦労しましたが、最終的になんとかなりました!
これで、ひと安心といったところです…。

これで、不知火(デコポン)の共選への出荷が終わり、後は個人販売のみです。
一応、共選への出荷作業が終わらないとネットなどへの販売は行いません。
数量の関係もあるのですが、一番の理由は時期の問題です。
この柑橘が一番美味しくなるのは今頃だと思っています。
酸抜けが進み口当たりも良くなって不知火独特の食味の出て来ます。

そういうわけで明日からご予約頂きている方から順次発送させていただきます!

 

スポンサーリンク

 

着色不良に悩まされた不知火でした!

不知火今シーズンの不知火は着色不良ってことにつきますね!
とにかく収穫時から色付きが悪く、分割採集しても着色が進まなかった…。

積雪と低温の被害が心配されましたが、幸いにもそれは回避できたので良かったです。
しかし、着色の悪さは貯蔵してもさほど解消されなかった状況でした。
共選自体も出荷基準を引き下げたくらいです。

今日の採集出荷の際にはそれほど気にならないくらいには着色していましたが、このようなシーズンは経験がないですね!

ちなみに、毎回悩まされてきたヤケ果についてはさほど症状が出ていなかったのでホッとしました。
これは、着色が進まなかったことと関係しているような気もします…。

 

スポンサーリンク

 

今シーズン、サイズが揃っていたのが救いでした!

不知火の精品今シーズンの不知火(デコポン)はサイズ的には満足いくものとなりました。
摘果作業の効果もあると思いますが、やはり雨が多かったことも玉太りに影響を与えていることと思われます。

この柑橘は水分が不足すると玉太りが悪くなり糖度ものってこないようです。
例年、酸抜けの悪い園も今シーズンは良くて早めに出荷することが出来たし、収穫する時点で口当たりの良い園も多くありました。

そして、今の時期になるとどこの園の果実も酸抜けが進み美味しく仕上がっています。

共選への出荷が終わると個人販売の開始です。
サイズの小さいものや擦り傷や奇形果等の訳ありを販売しているのですが、すでにご予約して頂いているお客様も…。
中には、食べころになってからの発送を希望されている方も!
準備が整い次第発送していこうと思います。

一度食べると忘れられない味わいの不知火とは…。

その独特な食感と濃厚な味わい、さらに香りの高さが人気の不知火…。

ザクッとした食感でありながらもあふれんばかりの果汁、さらに皮をむいた時に広がる独特の香りは柑橘の中でもトップクラスです!

不知火とは一般的に呼ばれているデコポンのことで、数ある柑橘の中でも人気がある品種のひとつです。

中でも、ここ佐田岬半島の宇和海側で栽培されているものは味が濃くて最高に美味しいと市場でも人気の産地のひとつです。

ここ愛媛・にしうわ産の不知火、まだ味わったことがない方、この機会にぜひお試しください!

 


不知火の販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*