八朔の「木生り完熟」の食味はハマるかも…。

八朔の果肉

今朝一番八朔の収穫に行って来ました。
っというのも、ネットショップの方から注文が入ってまして…。

今シーズン、この八朔とサンフルーツは「木生り完熟」にこだわってみました。
発注を受けてから収穫する…。
こうすることで、自分が収穫の際に味わっているようなもぎたての食味をお客様に届けることが出来ると考えたからです!

八朔のザクッとした食感は収穫した時が一番良いと思います。
そして、もぎたてのフレッシュな味わいは一般的に売られているものでは味わえないもの…。
八朔が好きな方はもちろん、そうでない方も一度味わってみる価値はありますよ!

 

スポンサーリンク

 

八朔の「木生り完熟」は難しいんです…。

木生り完熟柑橘栽培において、木上で完熟させることは結構難しいと思います。
特に八朔の場合、熟してくると直ぐに落果してくるので、熟すと一気に収穫しないといけません。

しかし、熟すと一斉に落果するのではなく、時期がきたらポトポトと時間をかけながら落ちていきます。
なので、その間だけ味わえるということなんです。

当園のネットショップでも販売期間の設定が難しいのが現状です。
園内の八朔の状況をみながら販売期間を細かく変更しながらの作業になります…。
ここ数日、暖かい日が続いていますが、こうなると一気に熟してくるので期間の短縮を行なう必要が出て来ます。
もちろん、落果の状況によっては販売数量も減少してきます。

 

スポンサーリンク

 

今シーズンは落果する果実が多くなっています…。

八朔の収穫今シーズンの中晩柑は落果現象が例年よりもひどくなっています。
八朔も例外ではなく、すでにかなりの数の実が落ちています。
しかも、収穫の時にも少し触っただけでも落ちるものがあるのが現状です。
元々、八朔自体が落果しやすい特徴があり、例年、多少は落果するのですが、今シーズンの状態は異常としか言いようがありません…。

今回、コンテナ1ケースを収穫するだけで5・6個の実が落ちました。
落ちたといっても食べれないことはないので、自家消費用として持ち帰っています。
幸いにも自分の大好物なので、落果しても全く気になりません(笑)
ここ数日、毎日のように八朔を食べています。
もちろん、落果したものばかりですが…。

この八朔、そのまま食べるのはもちろん、ジャムやマーマレードにしても美味しいですよ!
ちょっと苦味の効いた「大人な味」になります。
試してみませんか!?

昔から根強いファンの多い八朔!

八朔といえば、ちょっとした苦味とザックリとした食感です!

このバランスが絶妙で、食べ始めるとついつい食べてしまうくらい魅力的な柑橘です。

外皮が硬く、少し剥きづらいのがデメリットなんですが、それを感じさせないくらい食味の良い柑橘です!

また、外皮を使ったマーマレード等、加工品としても注目を浴びてきた柑橘のひとつでもあります。

まだ八朔を食べたことがない方、昔から大好きでよく食べている方も、この機会にぜひお試しください!


八朔の販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*