新聞紙を活用した貯蔵方法で美味しい伊予柑を!

伊予柑

昔から人気がある柑橘のひとつの伊予柑。
その香りの高さと甘酸っぱい食味が特徴の柑橘ですよね!
今ではジュースやマーマレード等、伊予柑を使った加工品も多く、その人気の高さを伺うことが出来ます。

その伊予柑、貯蔵期間の長い柑橘としても知られています。
収穫をするのは12月、食べころになるのは2月下旬…。
この長い貯蔵期間の間で、果実は熟成され美味しくなります!

最近では甘い柑橘の人気が高く、酸味の残る柑橘は消費されなくなっています。
この伊予柑も例外ではなく、生食用としては少なくなっているのが現状です。
そうはいっても、あの独特な食味のファンがいることも事実…。
当園では少量ではありますが、栽培を続けていこうと思っています!

 

スポンサーリンク

 

伊予柑の貯蔵は新聞紙がポイント!

伊予柑の貯蔵当園での伊予柑の貯蔵方法は新聞紙を使います。
コンテナの内側に新聞紙を敷き詰め、その中に伊予柑を入れ、貯蔵庫で保存しておきます。

その際、温度管理をしながら貯蔵するのですが、空調設備があるわけではないので、換気したりコンテナをシートなどで囲ったりして内部の温度を一定に保つようにしています。

着色が悪いときは少し温めてやったり、湿度が高くなると換気をして少し乾燥させたりしています。

とてもアナログな方法ですが、この方法が合っているように感じます!

 

スポンサーリンク

 

今もなおファンが多い伊予柑の魅力とは…!?

伊予柑の貯蔵2最近の柑橘栽培の傾向は、糖度が高く食べやすい柑橘が市場での人気が高いので、それらを栽培する農家さんが多くなっています。
その一方で、酸味があり、皮が厚く食べにくい柑橘の栽培は年々減少傾向にあります。

そんな中でもコアなファンの方の多い柑橘もあります。
そのひとつが伊予柑です!
やはり独特な香りと果汁の多さ、そして、甘酸っぱい食味…。
そのまま食べることはもちろん、まるごと搾ったジュースや外皮を使ったマーマレード、ジューシーな果肉を使ったジャムやゼリー等、色々な加工品が作られています。
特にここ数年、スィーツでの需要も多くなってきているとか…!?
昔ながらの柑橘でありながら現代のニーズに対応して来ているのが素晴らしいですよね!

愛媛といえば伊予柑!
そう呼ばれて久しいですが、年々栽培面積が減ってきています。
やはり、市場価格が低いのが主な要因だと考えられます。
しかし、「伊予柑好き」がいる以上、栽培し続けていきたいと思う今日この頃です。

「えひめのいよかん、いい予感…。」でお馴染み!

愛媛といえば伊予柑ですね!

この伊予柑は、とてもジューシーで香りの高い柑橘として未だにファンの多い柑橘のひとつです。

そのまま食べても美味しいのですが、最近では、マーマレードやジャム、スウィーツ等への利用も多くなりました。

伊予柑独特の風味と味わい、ぜひ味わってみてください!


いよかんの販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*