当園の加工品販売はジュースのみ!

半島オレンジ

近年、農家の6次産業化が注目されています。
ここ佐田岬半島の柑橘農家さんでも何人かは加工品の販売を手がけています。

当園でも、一応、ジュースの加工販売はしています。
とりあえずは、自前サイトでのネット販売と2店舗での店頭販売です。
しかし、元々のスタンスが「本当の柑橘の味を楽しんで頂きたい!」ということなので、生果の販売がメインです。
このジュース加工は単にジュースとしてというよりも、カクテルやスウィーツ等への利用が可能かどうなのかを確かめたいということが狙いです。

本格的に始動してからまだ2年目ですが、それなりの情報は得ることが出来ました。
それを踏まえてこれからの戦略を考えていきたいと思います…。

 

スポンサーリンク

 

数え切れないほど並ぶジュースコーナーの中で…。

店内ジュースコーナー当園で店頭販売しているのは2店舗。
自分が経営に携わっていた新居浜市内にある個人商店での販売。
そして、松山市花園町に店舗を構える愛顔の食卓というショップ。

新居浜市内の店は、自分が柑橘農家として活動を始める前にしていた自転車店で、その店頭を利用して生果の販売をメインに販売しています。
ジュースの販売に関しては少量です。
また、愛顔の食卓では、昨年から納品をさせていただいています。
柑橘の加工品といえばジュースといったように、県内各地から集まったジュースがところ狭しと並べられているお店です。

当園のジュースはサンフルーツという柑橘をまるごと搾ったストレート果汁100%のジュースがメインになります。
それに加え、昨シーズンは清見タンゴールのジュースも少量ですが、搾ってみました。

 

スポンサーリンク

 

愛顔の食卓とは…!?

愛顔の食卓このお店は「本物の愛媛の味を発信しよう!」をベースに生産者の顔が見える加工食品の販売をしているショップです。

海山里の生産者と食卓の架け橋になることを目的に県内各地から加工品を集めて販売しています。
ネット販売を中心に店頭販売やインベントを通じて商品を紹介するなど、生産者と消費者のつながりを作っている大切な役割を果たしているようです。
しかし、あくまでも加工食品のみの取り扱いのため、当園のように生果第一主義の農家にとっては…。

いずれにせよ、愛媛の生産者にとっては魅力のあるショップであることには間違いなさそうですね!
当園でも更なる加工品の開発などに取り組むことになればご相談させていただきたいと考えています。

大人な味わいのジュースって!?

四国最西端に位置する日本一細長い佐田岬半島!

その先端部で栽培された柑橘のサンフルーツ。

その独特な食味を余すところなくジュースにしました。

木上で完熟させたサンフルーツをさらに一定期間追熟させました。

その果実をまるごと搾った果汁100%のストレートジュースです。

爽やかながらもちょっぴり苦味のある味わいがクセになるかも…。


追熟サンフルーツジュース販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*