ライムを植付けてから約半年、そろそろ木の管理を…!

ライムの木

早いものでもう9月に入りました。
暑かった夏もようやく終わりに近づいてきましたね!
柑橘達は小雨の影響が心配されますが、なんとか元気に育っています。
そんな中、ライムの苗木も順調です!
今のところ、心配した台風の接近も一度だけ…。
しかし、これからが本当の台風シーズンになるので、風や病害虫の影響が気になります。

台風や秋雨前線の影響で雨が降ることが多くなる9月。
この時期、雨は必要なんですが、病害虫のリスクも高まってきます!
しっかりと対策しながら乗り切りたいと思っています。

さて、この春に苗木を植えてからそろそろ半年です。
木も順調に伸びてきたので、新梢の管理をする必要がありそうです。
他の柑橘にはないような作業なので、手探り状態ですが、進めて行きます!

 

スポンサーリンク

 

元気な新芽が芽だっています!

ライムの新芽ライムの苗木を植えてから、そろそろ半年…。
順調に春芽を付け、そして夏芽もつけてくれました!

さて、ここまでは自由に伸ばせていた新梢ですが、そろそろ垂直に伸ばすようにしたほうがいいのかも…。
他の柑橘はそのままで良いのですが、ライムはちょっと違うようです。
この辺りから独特の栽培方法になるんでしょう!

色々な栽培方法があるようですが、ライムの場合、基本的に樹勢が落ちないような栽培方法が良さそうです!

木の管理も他の柑橘とは随分違うようです。

 

スポンサーリンク

 

幼木時の病害虫対策も重要です!

トゲと害虫さて、無農薬栽培を目指して始めたライム栽培。
新梢の柔らかい葉を狙って病害虫がやって来ます。
今までは一つ一つ手で駆除してきたんですが、これが結構大変です(笑)
特にアゲハチョウの産卵があると、大抵は卵を産んでいるようで、直ぐに幼虫が葉を食べています。

さらに、トゲも目立って来ました。
このトゲは気がついたら過ぎにカットした方が良いとのこと…。
このトゲで葉が傷ついたりすると、その場所から害虫が入ります。特にエカキムシが入ると厄介なことになります。

まだまだ手探りの状態での栽培が続きますが、なんとかこの秋も乗り切りたいと思います!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*