水不足だけではなく塩害やダニの被害の可能性も…。

天草の状況1

暑い日が続いています。
この異常な気候が普通になってしまうんでしょうか…。
野菜を植えても育たないし、困ってしまいますね。
元気なのは雑草だけです!

さて、この暑さの中、柑橘への影響も出てきているのですが、各園地を細かくチェックすることもままならず、除草作業の合間に弱っている木への対策をしている状況です。
今回は天草園の様子をみてきました。
この園でも水不足の影響が少しづつ出ているように見えたんですが、チョッと疑問に思うことが…。
風通しが良くて日当たりも良い枝の部分に黄色に変色した葉が確認できるし、落葉し始めている枝もあります。
これってもしかして塩害!?
それともダニの発生!?
少し調べたんですが、いずれも状況も確定するまでには至らず…。

もしも水分不足による樹勢の低下なら今後の状況によって答えは出てきます。また塩害であれば風当たりの強い部分だけが枯れるということはないと思うので心配はいらないかと…。
しかし、ダニの発生であればそれなりの防除が必要になります。
昨年もミカンハダニやアカダニの発生を確認しているので今のうちに対処しておくことにします。

 

スポンサーリンク

 

少し塩害のことも気になるのですが…。

天草の状況3この天草園で気になるのが日当たりの良い、つまり風当たりの良い枝の葉だけが枯れ目を見せているところです。
もしかすると潮風の影響を受けているのかもしれません!
いわゆる塩害ってやつですね。
それほど深刻な状況ではないので、気にすることではないのかもしれませんが、軽く影響しているのではないかと…。
多少落葉もしていますが、全体的ではないので心配ないかと思っています。

このような場合、他の部分の葉が元気なので実を落とすことはしません。
多少、生りすぎている場合は落としますが、基本的にはそのままで様子をみようと考えています。

それにしても実が大きくなってくれませんね。
まぁ~、水分が不足しているので肥大化することは期待できないとは思っていましたが、これほどまでとは…。
雨の降らない今、じっと堪える時期なんでしょう!

 

スポンサーリンク

 

天生りまで黄色くなって来ました!

天草の状況2これまで比較的元気だった天生り果。
つまり木の天辺に生っている実のことなんですが、ここのきて若干緑色が薄くなったような気がします。

ここで気になるのがダニの存在です。
塩害というには不自然なところもあり、気になって調べてみたんですがそれほど多くのダニを発見することはできず…。
しかし、葉や果実の色が薄くなっているところをみると否定も出来ないので、とりあえず、近日中に対処することにしました。

この園地は暖かいところなのでダニの発生しやすい場所でもあります。
これからまだまだ暑い日が続くのでそれなりの対応はしておいたほうが良さそうですね…。

大人な味わいのジュースって!?

四国最西端に位置する日本一細長い佐田岬半島!

その先端部で栽培された柑橘のサンフルーツ。

その独特な食味を余すところなくジュースにしました。

木上で完熟させたサンフルーツをさらに一定期間追熟させました。

その果実をまるごと搾った果汁100%のストレートジュースです。

爽やかながらもちょっぴり苦味のある味わいがクセになるかも…。


追熟サンフルーツジュース販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*