汗だくになったあとはサンフルーツの食味が最高ですね!

サンフルーツの果肉

ここ数日、かなり蒸し暑い日が続いています。
除草作業の際は、草の飛び散りが多いので上下にヤッケを着て作業しています。
これが汚れを防いでくれるのはいいのですが、ヤッケだけに暑いんです!
中はかなり蒸せるので汗だくになります。

そんな汗だくになった時、休憩時間に食べる柑橘は最高なんです。
もちろん、木に生っている、いわゆる「採り忘れ!」ってやつです。
とくにサンフルーツ園で作業しているときが最高で、汗をかいたあとに食べるサンフルーツは絶品です!
喉の渇きを癒してくれるのはもちろんなんですが、ちょっとした酸味と後口さっぱりでジューシーな食味は何ともいえませんね。

もう収穫はとっくに終わっているのですが、採り忘れはまだ少し残っています。
もう少し楽しめそうですね…。

 

スポンサーリンク

 

意外と採り忘れが多いこと…!

サンフルーツ①サンフルーツの収穫は連休明けに終了しています。
しかし、園内のあちらこちらには木に残っているんです!
最後の収穫の際にも着色が悪かった果実などは意識的に残しているこのもあります。
しかし、目に入らずにスルーした果実も意外にも多いようです(笑)
結果的にこれが今の楽しみにもなっているのですが…。

やはり、木の内側に生っているものや下の方の日陰に生っているものは着色が悪いのが多いですね。
本来であれば摘果作業の時に落としてしまうのでうが、サンフルーツ自体はそれほどシビアに摘果作業はしません。
他の柑橘のように摘果をしなくてもそこそこ良い果実になってくれる、本当に世話のかからない果実なんです。

その結果、今の時期になっても十分に楽しませてくれる、ある意味、優等生かもしれないですね!

 

スポンサーリンク

 

疲れた体には適度な酸味が必要!

サンフルーツ②今の時期の作業は蒸し暑い上に労力も使うので体がバテバテになることが多く、疲労感が抜けなくなっていることがあります。

こんな時にサンフルーツを食べると疲れがとれるような気がします。
もちろん、汗をかいた体にあのジューシーな果汁も良いのだと思いますが、やはりちょっとした酸味が効果的なのかも知れないですね。
あの酸っぱさのもとはクエン酸で、疲労の原因となる乳酸の発生をおさえる効果があるんです。この乳酸が体内、とくに筋肉に残ってしまうと体がだるく感じたり、コリなどにつかがるといわれています。それがこのクエン酸効果で体の外に排出されると疲労回復につながるということらしいです!

作業中やその後でサンフルーツを食べたくなるのはそれなりにワケがあったということです…。

ジューシーで爽やかな甘さが特徴の清見タンゴール。

後口がよく爽やかな甘さが特徴の清見タンゴール!

その一大産地、愛媛県西宇和郡の中でも特に美味しいといわれるのが佐田岬半島の宇和海側の段々畑で作られる清見タンゴールです。

厳しい自然環境の半島の急斜面に作られた段々畑で育てられた果実は格別です。

この機会にぜひ味わってみてください!


清見タンゴールの販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*