実に素晴らしい、サンフルーツ丸ごとの栄養効果!

サンフルーツ

サンフルーツの美味しい季節になりましたね!
このサンフルーツは木で完熟させて食べるので、よく似た甘夏よりも糖度が高く、食味が良くなっています。

このサンフルーツにも素晴らしい栄養効果があります。
果肉にはビタミンCが豊富に含まれています。さらにシネフィリンやクエン酸も含んでいます。
また、じょうのうや外皮にはペクチンも含まれています。

これら体に良い効果がある栄養をたくさん含んだサンフルーツですが、食べ難いのが欠点ですかね…。
外皮が厚く手で剥くのはなかなかたいへんです。
なので、最初に外皮に切り込みを入れておくと簡単に剥けます。
また、中のじょうのうも固くそのままでは食べづらいので、手で剥いて食べるのがいいようですね!

 

スポンサーリンク

 

果肉と外皮の間にあるアルベドには注目の栄養素が多く含まれています!

サンフルーツの内皮このサンフルーツを剥くと、その中には白い筋のようなものがたくさん着いています。

この白い筋のようなものをアルベドといいます。
このアルベドには水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれていて、便秘やお腹の調子を整える整腸作用があります。さらに、美肌効果もあるヘスペリジンも含まれていて、毛細血管の強化や血流強化や冷え性対策に効果があるといわれています。
サンフルーツの場合、このじょうのうを剥いて食べることが大半ですが、これを食べないのはもったいないですよね!

ちなみに、果肉にはビタミンCとシネフィリンが豊富に含まれていて、風邪予防に大きな効果が期待できますね。
さらに、クエン酸も含んでいるので、体内の酸化の防止や疲労回復、血液をサラサラにする効果もあります。
そして、βカロテンも含まれていて、ガンの抑制効果があるといわれています。

 

スポンサーリンク

 

実は外皮にも素晴らしい栄養成分が含まれています!

サンフルーツの外皮サンフルーツの外皮はとても厚く硬いので剥きにくい厄介者です。
しかし、この皮にも栄養成分が含まれています。

この革にもビタミンCが豊富に含まれていて、実よりも多く含まれているといわれています。
また、オーラプテンという成分が含まれていて、この成分は発がん抑制の作用があるといわれていて、今、注目を浴びています。

この外皮、そのままで食べることはまずできないでしょう!
なので、加工して食べるのですが、マーマレードやピールにして食べると美味しく頂けると思います。
ちなみに、発がん抑制効果のあるオーラプテンは熱を加えても含有量が変わらないのが嬉しいですね!

大人な味わいのサンフルーツが人気です!

ちょっぴり酸っぱくて後口の良い甘さが人気のサンフルーツ。

佐田岬半島の厳しい自然の中で育った格別な食味…。

最近の柑橘は甘いのが多い中で、酸味の効いた昔懐かしい味わいが特徴の柑橘です。

「甘いだけの柑橘はちょっと…。」

そんな方におすすめのサンフルーツ、この機会にぜひお試しください!


サンフルーツの販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*