今日の積雪が柑橘達に与える影響は…!?

積雪1

今朝、目覚めると辺り一面うっすらと雪景色…。
どうやら未明に降ったようで、その雪が積もっていました。
その後、一旦、小康状態だったのですが、再度降り始めると一気に辺り一面銀世界に!
今シーズンに入って何度目の積雪だろう!?

ところで、今日の雪は積もってはいたものの、長時間残る雪ではなく、夕方にはほとんどのところで解けていました。
降った雪が積もるタイプではなかったのが幸いしたようです。

さて、年明けから雪や雨の日が多く、不知火の収穫が遅れています。
幸いなことに着色も遅れ気味なので、良かったのかも知れませんが、そろそろ本格的に収穫を始めないと…。
サンフルーツや八朔、清見タンゴール等の収穫作業にも影響してきそうです。
早く天気が回復してくれることを願っています!

 

スポンサーリンク

 

雪の降り始める時間や種類によって柑橘への影響が違って来ます。

積雪3今回、主に降った雪は比較的大きな結晶で、フワフワと降ってくる感じで、この辺りでは牡丹雪と読んでいますが、一般的な牡丹雪よりも少し小さめなので、綿雪と呼ぶほうが適切かもしれません…。

このような雪だけが降った場合、それほど積もることもないと思うのですが、連日の低温と朝に降った粉雪が溶ける前に降ったので積もったのだと思います。

おまけに今日は風がほとんどなく、まさに舞い落ちるような降り方だったのも積もりやすかった原因なのかもしれないです。
柑橘の葉の上にこれほど綺麗に積もっている雪はあまり見かけません…。

前回の時は、本当に多くの雪が積もったのですが、あの時は風が強く、柑橘の木にはさほど積もっていませんでした。
同じ雪でもその降り方で随分と違うものですね!

 

スポンサーリンク

 

今回の積雪による柑橘への影響はなさそうですね!

積雪2未明から降った雪、朝には一旦、小康状態になったものの、8時過ぎには再度降り始め、あれよあれよというまに5cm程の積雪に!
あのままの勢いで夜まで降り続くと柑橘達への影響が出そうな感じでしたが、お昼にはあがり、その後、日差しも出たりしたので一気に解けて来ました。
夕方には影の一部に残っているものの、柑橘の木にはほとんど残っていない状況でした。

この様子だと果実への影響もないだろうと思われます。
ホッとひと安心ってとこですね!

今年に入ってよく降る雪ですが、今のところ柑橘への被害はそれほどないようで、通常の収穫作業で良さそうです。
しかし、不知火は収穫時期が大幅に遅れてきています!
天候不順の影響で作業が進みません。
さらに、着色不良の状態も続いているので、早く収穫したい気持ちを抑えつつ、我慢の作業が続きます。
できれば木上で完全着色させて美味しい不知火を収穫したいですから…。

我慢・我慢の作業が続きます!

一度食べると忘れられない味わいの不知火とは…。

その独特な食感と濃厚な味わい、さらに香りの高さが人気の不知火…。

ザクッとした食感でありながらもあふれんばかりの果汁、さらに皮をむいた時に広がる独特の香りは柑橘の中でもトップクラスです!

不知火とは一般的に呼ばれているデコポンのことで、数ある柑橘の中でも人気がある品種のひとつです。

中でも、ここ佐田岬半島の宇和海側で栽培されているものは味が濃くて最高に美味しいと市場でも人気の産地のひとつです。

ここ愛媛・にしうわ産の不知火、まだ味わったことがない方、この機会にぜひお試しください!

 


不知火の販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*