防風垣の補植の大切さを実感した昨年の秋…。

杉の苗木

昨年の秋に大型の台風が2度、ここ佐田岬半島に接近しました。
その時の被害は大きく、防風垣や柑橘の木が根元から倒されたり、果実も被害にあいました。
防風垣のしっかり整備されている園の被害は少なかったのですが、管理の行き届いていない園では様々な影響が出ました。

柑橘園というのは自分の園だけを管理していれば良いというわけではなく、周囲との連携が大切です。
登園の被害の約50%は周囲の園からのものでした。
日頃の管理を怠り、再三の忠告も聞く耳を持たず…。
その結果、「申し訳なかった…。」で済ませてしまうことになってしまいました。
確かに様々な考え方で栽培をしているとは思いますが、周囲に迷惑をかけないということは常識として認知して頂きたいです。

高齢化が進む中、柑橘園の管理が出来なくなっている現実を自覚し、周囲との連携を深めて行くことも大切だと感じます。
対処出来ない時には周囲に助けを求める、求めやすく出来る環境を作り上げるのが我々後継者の役割なんだろうと…。
そのために自分には何が出来るのかを考えつつ日々の作業をしていくことが大切ですね。

 

スポンサーリンク

 

園の管理、先ずは防風垣の補植から!

防風垣の補植2当園でも防風垣の間が空いてきてる箇所が多くあります。
これは防風垣にしている杉の木が枯れたり、台風などによって倒されたりした後、それを補植しないでいるからです。
毎年、杉の苗木を補植していけば良いのですが、普段の作業に追われてついつい後回しにしてきた結果です。

実際に被害が起きてしまうとその重要性を再認識し、整備を怠ったことを反省することに…。
ここ佐田岬半島は一年を通じて風が強く吹く場所でもあります。
そのため防風垣が整備されてきたのですが、それが近年、行われていない園も多くなりました。
柑橘を栽培する上での優先順位において防風垣の手入れが重要視されてこなくなったのもひとつの要因だと思います。
確かに防風垣の手入れは重労働で、避けたい気持ちは分からないでもないんですが…。

 

スポンサーリンク

 

防風垣をここ佐田岬半島の景観の一部として捉えること!

防風垣の補植1最近、農村は人を癒す場としても見直されて来ています。
海外ではその位置づけがはっきりしていて、理解を得ている地域もあるようです。
また、農家にとってもメリットは多く、その景観が人を癒すだけではなく、そこで栽培される作物に付加価値を付ける効果も出てきています。

半島を代表するものに石垣で作られた段々畑があります。
この段々畑、昔の人たちが作り上げた機能性に優れた園地で、それに加えて防風垣の設置によってさらに機能が充実して来ました。
それが徐々に減少している現実をふまえて、これからの柑橘栽培をしていくうえで考えていく必要があると感じています…。

一度食べると忘れられない味わいの不知火とは…。

その独特な食感と濃厚な味わい、さらに香りの高さが人気の不知火…。

ザクッとした食感でありながらもあふれんばかりの果汁、さらに皮をむいた時に広がる独特の香りは柑橘の中でもトップクラスです!

不知火とは一般的に呼ばれているデコポンのことで、数ある柑橘の中でも人気がある品種のひとつです。

中でも、ここ佐田岬半島の宇和海側で栽培されているものは味が濃くて最高に美味しいと市場でも人気の産地のひとつです。

ここ愛媛・にしうわ産の不知火、まだ味わったことがない方、この機会にぜひお試しください!

 


不知火の販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*