当園のジュースを販売して頂いているショップをご紹介!

半島オレンジ

先日、当園で販売しているストレートジュースの販売をしているショップを教えて欲しいとのお問い合わせをいただきました。
そういえば、それほど詳しくご紹介したことがなかったことに気がつきました。

といっても、県内の2ヶ所での販売のみとなっています。
ここで改めてご紹介致しますと…。
東予地区では新居浜市内の今井自転車商会内で販売しています。
ここは以前、自分がやっていた自転車屋で、今は息子が中心となって経営してくれています。
そこで、みかんのシーズンでは生の果実を販売し、シーズンオフの今はジュースの販売をしています。
そして、中予地区では愛顔の食卓というショップで取り扱って頂いています。
このショップではジュースのみで生果の取り扱いはありません…。

最近はジュースなどの加工品を販売している個人農家さんが多くなりました。
そんななかで、当農園のジュースをどうアピールしていくか…!?
それが大きな課題になっています。

 

スポンサーリンク

 

セレクトショップ「愛顔の食卓」について…。

愛顔の食卓松山市内にある愛顔の食卓というショップについてなんですが…。
このショップのコンセプトは「海里山の生産者と食卓をつなぐ専門店」だとか。
つまり、生産者と食卓をつなぐセレクトショップとしての位置づけになるようです。
松山市花園町にあるショップなのですが、詳しくは下記のリンクでチェックしてみてくださいね。
よろしければチェックしてみて下さい⇒愛顔の食卓のオフィシャルサイトへ!

当園のジュースが店頭に並ぶようになったのが昨年の6月からです。
おかげさまで少量ですが、お買い上げ頂いているようです。
感謝・感謝ですね!

 

スポンサーリンク

 

登園はあくまでも生果の販売がメインです!

ジュースコーナー当園では果実の販売、つまり、生果の販売が基本になります。
そのため、加工品はジュースのみで、しかも種類や数量は限定となります。

一般的にジュースといえば生果として販売できないような物をジュースとして加工するケースが多いと思います。
しかし、当園では生果として販売できる物をあえてジュースに加工するため、数量が本当に少ないのが現状です。
しかも、ジュース用として貯蔵しておくサンフルーツや清見タンゴールは熟成を重ねるため、ロスも多く発生します。
しかしながら、このように追熟した果実は酸が抜けて口当たりが良くなり、とても飲みやすいジュースになるのです。

どうせジュースに搾るなら果実の美味しさそのものを味わっていただきたいので、試行錯誤を重ねているところです。
今のジュースでも気に入って頂いているお客様も多いのですが、さらなる高みを目指したいと思っています。
もしも手にする機会がありましたら是非とも味わってみてくださいね!

大人な味わいのジュースって!?

四国最西端に位置する日本一細長い佐田岬半島!

その先端部で栽培された柑橘のサンフルーツ。

その独特な食味を余すところなくジュースにしました。

木上で完熟させたサンフルーツをさらに一定期間追熟させました。

その果実をまるごと搾った果汁100%のストレートジュースです。

爽やかながらもちょっぴり苦味のある味わいがクセになるかも…。


追熟サンフルーツジュース販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*