いよいよ分割採集の後半になってきたサンフルーツ!

サンフルーツ

いよいよGWに突入しましたね。
当園でも、例年ならばこの時期になるとひと段落している頃なんですが、今シーズンはまだサンフルーツの収穫が残っています。

分割採集を基本にしているので、収穫するにも時間がかかってしまい、周囲の方々よりもかなり遅くなっている感じです。
ですが、これはこれで有りなのかなって思っています。
どうしても「木生り完熟」を目指すと遅れ気味になってしまいます。

とはいっても、残っているサンフルーツの収穫も終盤になってきました。
今シーズンの特徴ともいえますが、着色不良で熟すのが遅くなった分、収穫が遅れているだけです。
なので、果実的にはこれで良いのだと思っています。
残っているサンフルーツは木の内側や下の方に生っているものがほとんどで、未だに完全着色になっていない実もあるほど…。
本当に今シーズンはどうしたんでしょうかねェ~!?
食味は良くなっているので見た目だけの問題なんですが…。

 

スポンサーリンク

 

分割採集後半は木の内側や下の方に生った実の収穫です。

サンフルーツの分割採集分割採集は数回に分けて収穫することで、通常は2回~3回に分けて収穫する場合が多いと思います。
当園でも基本的に分割採集を実施しています。
最初に着色がよく綺麗な実を収穫し、次に木の表側や中段から上の方の実を収穫、そして最後に木の内側や下の方を収穫します。

このように分割採集するメリットは多く、精品率のアップはもちろん、残した実の糖度アップ、さらに、柑橘の種類によってはサイズアップも期待出来ます。
特にサンフルーツに関してはこの効果があるようで、今の時期になるとサイズもひと回り大きくなっています。
もちろん、食味も良くなり、サンフルーツの特徴でもあるサッパリとした後口の良い甘さが際立ってくるように思います。

生食用としてのサンフルーツは今の時期が最高ですね!

 

スポンサーリンク

 

ひと回り大きくなったサンフルーツは食味もアップ!?

収穫後のサンフルーツ分割採集も終盤になり、サンフルーツのサイズも少しアップしたように思います。
今シーズンは例年よりも若干小振りでスタートしたのですが、ここへ来てサイズアップして来ました。
どの柑橘でもそうなんですが、サイズが大きくなるのが良いというワケではなく、適度な大きさの物が好まれます。
市場価格も大きくなりすぎた実は評価が下がります。

また、個人的な意見ですが、サンフルーツの場合、大きな実の方が酸抜けが良く食味もアップしているように思います。
しかし、大きな実ほどすあがり(果汁がなくなること)しやすくなるので美味しくいただける期間が短いという欠点もあります。

生食用としてのサンフルーツは今が旬です!
この機会にぜひご賞味ください…。

大人な味わいのサンフルーツが人気です!

ちょっぴり酸っぱくて後口の良い甘さが人気のサンフルーツ。

佐田岬半島の厳しい自然の中で育った格別な食味…。

最近の柑橘は甘いのが多い中で、酸味の効いた昔懐かしい味わいが特徴の柑橘です。

「甘いだけの柑橘はちょっと…。」

そんな方におすすめのサンフルーツ、この機会にぜひお試しください!


サンフルーツの販売サイトへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*