スポンサーリンク

清見タンゴールは1箱に約100個入でお届け!

カット清見タンゴール

5月も中旬になってきました。
そろそろ蒸し暑い季節になってきますね!
冷たい飲み物や食べ物が欲しくなってくるようになります。

そこでおすすめなのが、今が旬の清見タンゴール!
食べる前に少し冷やすと最高に美味しくなります。
もともとサッパリとして後口の良い清見タンゴールですが、冷やすことでさらに甘く感じます♪
ビタミンや水分の補給におひとついかがですか!?

もちろん、常温でも美味しい清見タンゴール…。
佐田岬半島の厳しい自然の中、宇和海に面した急斜面の段々畑で太陽の日差しをいっぱい浴びて育ちました。
今シーズンも一度に食べきれる小玉サイズで販売中です。
一度、ご賞味ください!

続きを読む

ライムの苗木の施肥には細心の注意が必要!

ライムの新芽

今シーズンからトライしているライムの栽培。
3月に苗木を植えてから久しぶりに園に行ってみました。
園内、雑草は伸びているもののイノシシの侵入もなく順調に育っています!

苗木の様子はというと…、
多少、葉が虫に食べられているのもありましたが、新芽も出ていて良い感じです。
今の時期は木の成長を促進させるのが一番!
早く成長させたいので細やかな管理が必要です。

除草作業はもちろん、春・夏・秋の肥料や堆肥の施用も大切な作業です。
そして、土壌の水分管理も…。
成木と違って細やかなチェックがポイントになってきます。

続きを読む

木の回復を図るための肥料を施用!

肥料施用アイテム

連休前、柑橘達の木の樹勢を回復するために春肥を施用しました。
今シーズン、大量の実を着けてくれたご褒美とでもいいましょうか…。
特に清見タンゴールの木は弱っているようです。
除草作業をすることも木の勢いを回復させるために必要なんですが、やはり肥料は大切なのではないかと!?

今、何かと話題の「無農薬栽培」や「自然農法」といった方法も効果的だとは思いますが、今のところそれを実施する技量がありません。
なので、今のところ人工的な肥料を頼っているのが現状です。

早く、木の持つ力、土や周囲の自然環境による循環能力の力を引き出せるような栽培農家になりたいと思っています。
が、まだまだ先のようです…。

続きを読む

美味しい柑橘をつくるには剪定作業が大切です!

剪定前

今の時期に大切な作業のひとつに剪定作業があります。

柑橘達の青々として大きく茂った葉をみると、元気でいいような気がします!
自分も、元気な木は美味しい柑橘を育てるとずっと思っていました。
でも、それは本当にいいのでしょうか!?
木の中心部や根っこ、そして地面までも影にして太陽の光が当たらないようになっているんです。
中には雑草さえ生えなくなっているような園も見かけます…。

やはり、太陽の日差しは大切です。
植物だけではなく、人も動物達も元気にしてくれます。

そういったわけで、今シーズンから選定に注目していきます。
一気に作業をすることは出来ないですが、数年かけて取り組んでみたいと思っています!

続きを読む

いよいよ雑草との戦いが始まりました!

チップソーの刃

今週から除草作業に入りました。
除草剤を一切使用しない、草刈り機だけをつかて作業しています。

他の作業のことを考えると、時間と労力がかかるのでデメリットの多い作業ですが、健康な土を作り、そのことによって元気な木ができる。
それがやがて安心・安全で美味しい柑橘になると信じています。
このことが何事にも代え難いメリットだと…。

それにしても雑草の生命力には脱帽の毎日です!
「どこにあんな力を持っているんだろう!?」
本当に不思議な雑草たちですが、関心している場合ではありません(笑)
毎日、草まみれになりながら格闘しています!

続きを読む

スポンサーリンク