スポンサーリンク

出荷前の不知火(デコポン)を実食してみました…。

不知火2

予報通り、午後から雨に…。
本当に今年の冬は天気の悪い日が多いです。
そんな中、不知火の出荷作業が続きます。

ところで、収穫前にはよく実食していたんですが、選別作業に入ってからはあまりしていません。
例年、今頃には酸抜けも進み口当たりが良くなっています。
これまでの感じからして例年同様になっていると思われます。

問題は不知火独特のザックリ感と香りの高さが引き出せているか…。
とりあえず、Lサイズのものを選んでみたところ、口当たりの良さは問題なく出ていました。
そして、ザックリ感なんですが、どちらかというと果汁の多さが優っている状況です。
不知火独特の香りは、外皮を剥いた時に部屋中に広がるほどで、いい感じになっていると思います。

この様子だと味はいい感じになっているものと思われます。
あとは食感だけ…。
これは果実によってバラつきが多く大きいものほど食味は良くなっているハズですね!

続きを読む

いよいよサンフルーツの収穫に入りました!

サンフルーツ

昔、佐田岬半島の代表的な柑橘として栽培されていたサンフルーツ。
日本一細長い佐田岬半島の急斜面に作られた段々畑のいたるところで栽培されていた柑橘です。

近年の甘党ブーム!?によって生産量は年々減少してきていますが、未だにファンの方が多い柑橘でもあります。
さっぱりした酸味と後口の良い甘さのバランスが絶妙で、「大人な柑橘」といった感じですね。

今シーズンのサンフルーツも他の柑橘同様、着色が遅れ気味です。
しかし、食味は随分と良くなってきています。

これから暖かくなってくるとさらに食味がアップしてくるサンフルーツ。
当園ではゆっくり木上で完熟させるため、熟した果実のみを収穫する分割採集の方法をとっています。
その為、収穫期間が長くなり、その時期によって様々な味わいのサンフルーツを楽しんでいただけるのが特徴!

これからの気候にもよりますが、サンフルーツの収穫は4月いっぱい続く予定です…。

続きを読む

不知火(デコポン)の出荷がピークに!

出荷用の不知火

2月中旬、ここ佐田岬半島では不知火(デコポン)の出荷がピークに達してます。

当園のあるエリアは三崎共選に属しています。
JAの組合員である場合、ほとんどの柑橘農家はこの共選に出荷することになります。
(ここ数年、地方市場や個人販売をする農家さんも増えて来ましたが…。)

共選に出荷するには各柑橘によって規格が決められています。
それに適合するように選別し、指定された日時に割り当てられた数量を出荷することになります。
まさに今、この選別・出荷作業に追われる日々が続いています。
細やかな選果基準にそっての作業…。
個人的には柑橘栽培の中でも苦手な作業のひとつで、収穫作業と並行しながらなので、バタバタの日々が続きます!

続きを読む

不知火の次は清見タンゴールが鳥の食害に…。

清見タンゴール

今シーズン、イノシシの食害は防いでいるものの、鳥による食害が後をたちません。
といっても、それなりの対策をしているワケではないのですが…。

この辺ではイノシシの被害が甚大で、それに比べると鳥の場合、比較的軽い食害で済むので気にならないということもあります。
しかし、鳥は鳥でもカラスになると別問題です!
カラスが群れで園内に入った場合、その食害の量はかなり多くなることがあります。

今回、見回りに来た清見園でも例年よりカラスの被害が多くなっています。
カラスによってサンテを剥がされた果実はヒヨドリやメジロなどの小型の鳥たちの標的になります。
清見タンゴールの収穫は今月下旬から…。
着色の状況を確認したところ、今シーズンはもう少し遅れそうです。
収穫までに被害が拡大しそうであれば対策を考えた方がいいのでしょうが、これといった策が見当たりません…。

続きを読む

不知火の選別と貯蔵の方法…。

不知火の予措

今日、午前中は納品のため新居浜へ!
それが終わると直ぐに帰ってきて収穫作業をする予定でしたが雨のため中止。
なので、不知火を選別して貯蔵するための作業をしました。

不知火は貯蔵する時にも気を使います。
果実の状態によって4段階に区分します。
そして、その際の取り扱いも細心の注意が必要で、落とすことはもちろん、手荒なことは一切厳禁!
「そォ~っと。」って感じで扱うよにしています。

今から貯蔵して熟成させ、3月中旬には美味しくなってくれると思います。
もちろん、今の段階でも十分食べれるのですが、やはり、不知火本来の食味はある程度熟成させるほうが引き出せます。
手間隙かけて育ててきた不知火。
もう少しで販売開始です!

続きを読む

スポンサーリンク