スポンサーリンク

今シーズン、不知火のヤケ果が少なかったのは選定の影響!?

不知火の果皮障害

今日、不知火の発送作業をしながら思ったこと…。
それは例年ほどヤケ果が少なかったことです。

例年、今の時期まで貯蔵しておくとヤケ果といわれる果皮障害が目立つようになります。
それが原因で発送できなくなり、処分せざるを得ない状態になる果実も多くなるのですが、今シーズンはそれほどまでひどい状態になるものが減少しました。

これまで色々な対策をとってきても抑えることができなかったのですが、どうして少なくなったのか…。
多分、昨シーズンの選定の効果かもしれないですね!
例年の剪定より思い切って切り込んだことで、樹勢が良くなったことが影響したと思われます。

続きを読む

もう蕾が確認出来るようになりました!

不知火の花芽

今日は不知火と八朔、そしてサンフルーツの納品のため街に行って来ました。
いつものように夜明け前に出発し、ご注文いただいた商品を納品し、お昼過ぎに帰宅。
その後は各園の見回りに…。

各柑橘の木の状態を見てきたのですが、やはり弱っていました。
この件に関しては後日、チェックしたいと思います。
それよりも、すでに蕾が顔を出していました。
各柑橘のほぼ全てで確認できます!

やはり着花量が多くなりそうな予感がしています。
今シーズンは裏年にあたり生産量が少なかったので来シーズンは多くなるのだと思います。
それなりに作業は忙しくなりますが、ある意味、期待したいですね!

続きを読む

汗ばむ季節にぴったりの木生り完熟のサンフルーツ!

サンフルーツ

今日も暑い一日でした…。
昨日に引き続き春肥の施用をしたんですが、朝から汗だくでした。

こんな時に食べたくなるのがサンフルーツです!
さっぱりとした甘さと程よい酸味が特徴の柑橘です。
最近人気の甘い食味ではありませんが、未だに根強いファンの多い柑橘のひとつなんですよ。
渇いた喉を潤してくれる果汁と後口さっぱりの食味はなんともいえないですね。

このサンフルーツをまるごと搾ったジュースも人気ですが、やはり生果を食べるのが一番です!
当園では木生り完熟にしたサンフルーツを必要な分だけ収穫しています。
今の時期は果汁が多く、これから日を追うごとに果肉に含まれる果汁が少なくなり、サクッとした食感がまたいい感じになるんですよね。
この時の食味が個人的には好きで、よく食べています(笑)

汗ばむ季節にぴったりのサンフルーツ、機会があればぜひ、召し上がってみてくださいね!

続きを読む

地温が12℃になる少し前に春肥を施用した方が効果的!

春肥

今日は春肥の施用をして来ました。
一応、作業スケジュール的には3月の下旬から4月の上旬にかけて実施することになっています。
しかし、ほとんどマニュアル通りに出来たことがありません。

収穫作業やその後の除草作業などが予定通りに進まないことがほとんどだからなのですが…。
毎年、このような理由で遅れているのでこの春肥に限ってはそれらの作業よりも前に実施することにしました。
施用の効果が変わって来ることも考えられますが、日程的には致し方ないことだと考えました。

どうせ春肥を施用するのであれば、効果的に使いたいですよね!
そこで、一番効果が見込まれる「地温が12℃になる少し前。」に注目してみました。
それが今の時期らしいのですが、計測していないのでなんとも言えませが、試してみる価値はありそうです!

続きを読む

今シーズンの清見タンゴールの収穫が終わりました!

最後のひと玉

今日の午前中で清見タンゴールの収穫は終わりました。
ようやくって感じです…。

今シーズンは着色が悪い上に落果が多く、さらに黒点病の発生もひどく、散々な結果になりました。
しかし、食味においては酸抜けもよく、さっぱりとした後口の良さは健在でした。
何分、自然が相手なので、例年、思ったような柑橘は作れないのですが、今シーズンは想像以上にダメでした。

これからは出荷作業が本格化しますが、精品率がかなり低くなっているようです。
共選の出荷日程通りに出荷できるかは微妙なところです。
とりあえず期日までに選果する日々が続きます。

これまで減農薬栽培を目指してきましたが、黒点病の発生を抑えることの難しさを痛感したシーズンでした。
これを克服することが急務です!

そういうわけで今シーズンは「訳あり商品」が増えそうな気がします!
せっかく収穫した清見タンゴール、見た目が悪くても大切に扱わなくては…。

続きを読む

スポンサーリンク